第27回日本排尿機能学会

会長挨拶

巴 ひかる
(東京女子医科大学東医療センター
骨盤底機能再建診療部 / 泌尿器科 教授)

このたび第27回日本排尿機能学会を開催させていただくこととなり、大変光栄に存じます。
第1回神経因性膀胱研究会から数えると69回目となります。学問の世界に男性も女性もありませんが、47年間の歴史で初の女性大会長であり、身の引き締まる思いです。

会期は2020年10月15日(木曜日)~17日(土曜日)で、場所はTKPガーデンシティ品川(SHINAGAWA GOOS 1階)です。続けて第15回PPCS(Pan-Pacific Continence Society)Meetingを開催することもあり、品川駅高輪口から徒歩3分という羽田・成田空港からもアクセスの良い会場にしました。

学会のメインテーマは「下部尿路機能障害における性差医療」と致しました。下部尿路の解剖には性差があり、疾患も違えば有病率も異なります。過活動膀胱のように男女ともに罹患する疾患もあれば、腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、間質性膀胱炎は女性に多く、骨盤臓器脱や膀胱膣瘻は女性、前立腺肥大症や前立腺癌術後尿失禁は男性特有の疾患です。また、夜間多尿による夜間頻尿に対して承認されたデスモプレッシンの適応は男性のみですが、実は男女での薬効には大差があります。

医療の進歩は治療の進歩とともにあると言って過言ではありません。中部尿道スリング手術や経膣メッシュ手術はメッシュ合併症がゼロではないものの、ここ20年の女性泌尿器科領域を明らかに発展させました。近年、腹腔鏡下仙骨腟固定術の手術件数が増加していますが救世主として満点ではありません。前立腺肥大症に対しては5α還元酵素阻害薬、PDE5阻害薬、レーザー前立腺蒸散術があり、過活動膀胱には抗コリン薬、β3アドレナリン受容体作動薬、仙骨神経刺激療法、ボトックス膀胱内注入術(2019年10月現在未承認)がありますが、さらなる治療の開発が期待されます。最大の難問は低活動膀胱です。自覚症状が乏しく、どのように早期診断し予防したら良いでしょう。

最近心に刻んでいるのは「神は細部に宿る」という言葉です。問診も手術も細かい観察、こだわりの積み重ねで結果が変わることがあると思っています。
日本の基礎研究は世界一です。サブタイトルにした「臨床を究め、アジアから世界へ」は、細かい観察力から得たひらめきとダントツ最先端の基礎研究を合体させることができるのはわが日本と信じています。そんな熱き思いを胸に、皆様とともにオリンピックの熱気にも敗けない熱い学会を作りあげたいと思っています。

多くの皆様のご参加をお待ちしています。どうぞよろしくお願い致します。

このサイトについて|Copyright © 第27回日本排尿機能学会 All Rights Reserved.